ペグについて

ブリッジのサドルからペグまで、弦が一直線になるようにペグの位置は設計されています。 そのため、ナット部分で弦に横方向の角度がつきません、また、Steinberger Gearless Tuner を採用 したことにより、チューニングの際にポストに弦を巻き付ける必要もないため、弦は捻(ねじ)られる事もありません。 結果、弦が不自然に振動することがないので、ピッキングのタッチがより自然に表現されます。