指板のアールについて

指板のアールについては、ナットから指板エンドにかけ角度が大きくなっていく”Compound-radius= 円錐指板”となっております。加工には手間と高い精度が求められます。しかし、この加工をすると 弦高を低くしてもチョーキング時の音詰まりが非常に起きにくくなります。