NECK、ジョイントについて

Neckに利用される木材はその切り出し方で性質が異なってきます。 ss triple ではクォーターソーン(柾目材)を採用しております。 クォーターソーン(柾目材)のNeckは反りや捻じれに強く、またそのサウンドは立ち上がりの早いものとなります。 クォーターソーン(柾目材)のNeckは裏から見た際、板目材に比べると一見地味な木目となりますが、 実際は板目よりも無駄の多い、非常に贅沢な木取り方法となる為、通常はグレードの高い楽器に採用されます。

ss triple のNeckのジョイントはBolt-onですが、 仕込み角がつけられているため、細めの弦を使用した場合にもテンション不足を感じ難くなって おります。仕込み角はジョイントにシム等を挟み込むのではなく、木工加工の段階でつけているため、 シム等で隙間ができてしまった場合のように”振動=鳴り”を犠牲にすることもありません。